ピックアップを知ろう・シングルコイル編 | エレキギター塾

シングルコイル・ピックアップについて

ピックアップ、シングルコイル1

シングルコイルはピックアップの中でも元祖的な位置づけのピックアップとなります。デュアルで備えるハムバッキングが出現するまでは、シングルコイルという呼び方さえしていない時期もありました。ハムバッキングで有名なギブソン社のギターも初期のレスポールはシングルコイルピックアップが使っていたくらいです。それほど汎用して使われていただけあって、その構造も図のようにたいへんシンプルなものです。ハムバッキングとの一番の違いはポールピース(棒状の鉄芯)それ自体が永久磁石となっている点です。

 

シングルコイル・ピックアップの特徴

 

ピックアップ、シングルコイル2

シングルコイルを採用しているギターは、フェンダー社のストラトキャスターが有名です。また、同社製のギターではほとんどがシングルコイルを採用しています。これだけフェンダー社がシングルコイルを採用するわけは、シングルコイルこそが最もクリアかつ脚色を含まない音が出せるからです。ただし欠点もあり、ポールピース自体が永久磁石で出来ているため、出力をあげようとしてピックアップと弦の距離を縮めようとするとスチール弦の振動が電気信号に影響を与えてしまうという特徴があります。そのためハムバッキングよりも忠実な音が出せる反面、フィードバックやノイズが出やすい側面もあります。

 

利点

  • 音に癖がなく、クリア
  • エフェクターで加工しやすい
  • ドンシャリ傾向のサウンド

 

欠点

  • フィードバックやノイズが乗りやすい
  • 重量感あるサウンドには不向き

 

スポンサーリンク