弦の巻き方、間違い例の紹介 | エレキギター塾

弦の正しい巻き方、間違った巻き方

エレキギターの弦は巻いてたらなんでも良いというものではありません。ギターの弦はナットの溝よりも下位置になるよう張られている必要があります。ナットの溝位置よりも上方向に弦が張られていると、テンションが不均一になりやすくチューニングがずれやすくなってしまうからです。今回は正しい弦の巻き方と間違った弦の巻き方を紹介しているので参考にしてください。

 

正しい弦の巻き方

 

正しい巻き方・・2~4巻きで弦が下方向に巻かれています。この状態になっていればOKです。
正しい弦の巻き方

 

誤った弦の巻き方の例

 

弦の巻き数が足りない・・弦の巻き数が少ないと、張られているテンションが緩くなってしまいます。テンションが緩くなると、ハリのある音が出せなくなります。意図的に巻き数を少なくして張る人もいますが、基本的には良くない巻き方の一つです。
間違った弦の巻き方1

 

弦がペグ軸にからまってしまった・・グルグルと素早く巻いていたら、気付いたら絡まっていたという状況です。初心者にありがちな失敗ですね。こうなると見た目も悪いし、弦を外す時に少しめんどくさくなります。対策としては弦を張るときは適度に引っ張りながら軸の隙間をなくしながら巻いていくことです。
間違った弦の巻き方2

 

弦を上方向に巻いてしまった・・なんとなしに弦を張ってペグを回してたら気付いたら上方向に巻かれていた、これも初心者がおこしやすいミスの一つです。上方向に巻かれると、弦が切れやすくなるしチューニングも安定しません。一度はずして取り付けなおすというのも難しいです。こういう状況にならないよう最初から注意しながら張るようにしましょう。
間違った弦の巻き方3

 

スポンサーリンク