オルタネイトピッキング講座 | エレキギター塾

オルタネイトピッキングとは?

オルタネイトピッキングはダウンピッキングとアップピッキングを交互に規則正しく繰り返していくピッキング奏法です。早いフレーズを弾きたい場合はオルタネイトピッキングで弾く必要があります。練習方法は基本的に反復練習が中心となります。何度も練習することで複雑なギターソロも弾けるようになります。エレキギターにとっては基本的なテクニックなのでしっかり練習しましょう。

 

オルタネイトピッキングの練習

 

■オルタネイトピッキング練習 その1
まず最初はクロマチックスケールで練習していきましょう。クロマチックスケールとは音が半音ずつ上下していく音階のことで、ギターを弾く時は1フレットずつ音を高くしたり低くしていったりします。オルタネイトピッキング練習の定番ともいえるスケールです。練習のコツは1音1音ゆっくりと丁寧に弾いていくことです。なれてきたら次は音の大きさが均一になるよう力加減を調整しながら弾きましょう。

 

オルタネイトピッキング1
オルタネイトピッキング2

 

■オルタネイトピッキング練習 その2
次はシンプルにドレミファソラシドで練習していきましょう。メトロノームでリズムを鳴らしながら練習すると効果的に練習できます。下の譜面では8フレットから開始していますが別のフレットから開始するなど色んな場所からドレミを始めてみるようにしましょう。

 

オルタネイトピッキング3

 

■オルタネイトピッキング練習 その3
次はペンタトニックスケールを使って練習してみましょう。ペンタトニックスケールはロックギターの定番スケールです。ロックやブルースといったジャンルで使われる一番オーソドックスなスケールといえます。ペンタトニックスケールをしっかりマスターしておけばアドリブプレイが出来るようになりますのでしっかり練習しましょう。

 

オルタネイトピッキング4
オルタネイトピッキング5
オルタネイトピッキング6

 

■オルタネイトピッキング練習 その4
最後は16ビートのリズムを使って『運指』をしてみましょう。運指は文字どおり指の運動です。運指することで複雑なフレーズが弾けるようになります。音源では早く感じるかもしれませんが、最初はゆっくりから始めて徐々にスピードを上げていくようにしましょう。なれてきたら別の弦でも同じように練習してみてください。

 

オルタネイトピッキング7
オルタネイトピッキング8

 

スポンサーリンク