チョーキング講座 | エレキギター塾

チョーキングのやり方について

チョーキングは弦を押さえたまま、指を縦方向に持ち上げて音程を上げるテクニックです。エレキギターでは最も使われているテクニックです。一見すると簡単なテクニックに思えますがなかなか奥が深く、ギタリストの個性はチョーキングで決まるといってもよいかもしれません。チョーキングを自在に出来るようになるには基礎トレーニングがかなり重要になってくるのでしっかりと練習しましょう。

 

チョーキングの種類

 

チョーキングには種類があります。

 

■1音チョーキング
1音チョーキングは2フレット上の音程(全音)まで上げます。ちなみに薬指でチョーキングする時は中指も隣にそえてチョーキングするようにしましょう。
チョーキング講座1

 

■半音チョーキング
半音チョーキングは1フレット上の音程(半音)まで上げたチョーキングです。チョーキングする時は全音、半音共にきちんと音程が上がっているかが重要になります。半音チョーキングのさらに半分にしたのが『クォーターチョーキング』で、微妙なニュアンスを表現する時に使うチョーキングです。
チョーキング講座2

 

■ダブルチョーキング
ダブルチョーキングは別名ダブルベントといいます。2本の弦をチョーキングして音程を上げます。ダブルチョーキングは2本の指を使ってする場合と、1本の指でチョーキングする場合があります。写真の例ではひとさし指1本でダブルチョーキングをしています。
チョーキング講座3

 

■ユニゾンチョーキング
ユニゾンチョーキングは隣り合った弦のうち、低い方の弦を高い弦と同じ音程までチョーキングします。ダブルチョーキングの発展系です。写真の例では高音側のひとさし指はチョーキングをしないで、低音弦側の薬指だけチョーキングをしています。同じ音程までユニゾンさせるチョーキングに対して、隣り合った弦のうち低い方のみをただチョーキングさせる場合はハーモナイズドチョーキングといいます。この場合低音弦は半音チョーキングもしくはクォーターチョーキングをします。
チョーキング講座4

 

■低音弦チョーキング
チョーキングは6弦側に押し上げますが、5弦6弦の低音弦側の場合は下に引っ張る形になります。5弦、6弦でチョーキングをしろとタブ譜に記入されている場合は押し下げる低音弦チョーキングをしましょう。
チョーキング講座5

 

チョーキングの練習してみよう

 

■チョーキング練習 その1
2弦7フレットをチョーキングしてみましょう。この場合1音チョーキングをしています。やりかたがわかったら半音チョーキング、クォーターチョーキングも試してみましょう。
チョーキング講座 | エレキギター塾

 

■チョーキング練習 その2
チョーキングを使ったブルージーなフレーズを練習してみましょう。
チョーキング講座 | エレキギター塾

 

■チョーキング練習 その3
チョーキングを使ったテクニカルなフレーズ。最初はゆっくりめのリズムから始めるようにしましょう。
チョーキング講座 | エレキギター塾

 

■チョーキング練習 その4
ダブルチョーキングを使ったフレーズ。チョーキングをしたあと元の音程に戻すことをチョークダウンといいます。チョークダウンはチョーキングの兄弟のようなものなので一緒におぼえておきましょう。
チョーキング講座 | エレキギター塾

 

■チョーキング練習 その5
低音弦チョーキングのフレーズ。6弦を押し下げるようするチョーキングです。4弦については押し上げる通常のチョーキングで弾きましょう。
チョーキング講座 | エレキギター塾

 

スポンサーリンク