ハンマリングとプリングオフ講座 | エレキギター塾

ハンマリング・オンとプレイング・オフって何?

ハンマリング・オンとは弾いた音が響いている間に、同じ弦のその音より高いフレットを左手の指でハンマーのように強く叩いて音を出す奏法です。こうすることで右手のピッキングを省略した上で音を滑らかに繋げることができます。写真の例ではひとさし指で5フレットを押さえてピッキングした後、薬指で7フレットをハンマリングをしています。なれればスムーズに音が繋がって聞こえるようになるのでしっかり練習しましょう。

 

ハンマリングとプリングオフ1 ハンマリングとプリングオフ講座 | エレキギター塾

 

練習してみよう

 

■ハンマリン・オン練習 その1
まずはひとさし指と薬指を使ってのシンプルなハンマリングの練習をしてみましょう。うまく出すコツはしっかり叩くことなんですが音の粒がそろうよう力加減を調節することが大切です。
ハンマリングとプリングオフ2

 

■ハンマリン・オン練習 その2
次は小指のハンマリングを加えたパターンです。ペンタトニックスケールとあわせて練習してみましょう。
ハンマリングとプリングオフ3

 

■ハンマリン・オン練習 その3
最後に開放弦を加えたハンマリングです。開放弦を最初に弾き、ひとさし指でハンマリング、次に薬指でハンマリングをします。うまく繋がるよう繰り返し練習しましょう。
ハンマリングとプリングオフ4

 

プリング・オフとは?

 

プリング・オフは弾いた音が響いている間に、同じ弦のその音より低いフレットに音が繋がるように指先で引っ掛けて音を出す奏法です。ハンマリング・オンとは逆の発想で音を繋げるテクニックです。写真の例では薬指で7フレットを押さえてピッキングした後、薬指をひっかけるようにしてはずし、ひとさし指で押さえている5フレットの音をだしています。指先で調整するのでハンマリング・オンより少し難しいかもしれませんがハンマリングと組み合わせて練習することが多いです。

 

ハンマリングとプリングオフ5 ハンマリングとプリングオフ6

 

練習してみよう

 

■プリング・オフ練習 その1
最初は中指と薬指のプリング・オフの練習です。上手に鳴らすポイントは指先の皮を引っ掛けることです。他の弦に指が当たらないよう調節しながら練習しましょう。
ハンマリングとプリングオフ7

 

■プリング・オフ練習 その2
ペンタトニックスケールの降下型パターンをプリング・オフを使って練習してみましょう。
ハンマリングとプリングオフ8

 

■プリング・オフ練習 その3
最後に開放弦を加えたプリングオフの連続型の練習です。少し難しいかもしれませんがなれるまでは練習あるのみです。音がスムーズに繋がるようしっかりと練習しましょう。
ハンマリングとプリングオフ9

 

ハンマリングとプリング・オフの複合型

 

■複合型練習 その1
ブルージーな感じのフレーズです。
ハンマリングとプリングオフ10

 

■複合型練習 その2
ペンタトニックスケールを使ってのハンマリングとプリング・オフがうまく繋がるよう練習しましょう。
ハンマリングとプリングオフ11

 

<

スポンサーリンク