ストロークプレイ講座 | エレキギター塾

ストロークを弾いてみよう

ストロークはコード(和音)をいっきに鳴らす奏法のことです。ストロークは通常リズムギターといって、歌や演奏のバックグラウンドでジャカジャカ弾いて曲を盛り上げる役目があります。リードギター(ソロ)は上手だけどリズムギターは全然駄目という人がたまにいるのでストロークプレイを軽視するのはあまり良くありません。ストロークで大切なのはとにかくリズム感です。メトロノームで基本的なリズムトレーニングをしっかり練習することが大切です。

 

ストロークを弾いてみよう

 

■ストローク練習 その1
使うコードはCとAmです。オルタネイトストローク(ダウンとアップを交互に繰り返すストローク)で弾いてみてください。ストローク途中で押さえているひとさし指を離したり、薬指で2弦3フレット音を加えることで単調なコード進行に味を付け加えています。指使いが慣れていない人は普通にCとAmの進行のみの練習から始めましょう。

 

ストロークプレイ1

 

■ストローク練習 その2
4拍目に「くいいり」が入ったパターンの練習です。くいいりとはシンコペーションのことで、文字どおり次のコードを食って入ることからこう呼ばれています。使うコードはG D Em Cの4つです。

 

ストロークプレイ2

 

■ストローク練習 その3
16ビートのリズムを加えたストロークパターンです。使うコードはAM F(1弦開放)G Emです。よく使われているリズムの一つですので譜面を見なくても手癖で弾けるよう繰り返し練習しましょう。

 

ストロークプレイ3

 

■ストローク練習 その4
最後はハイフレットのコードとミュート奏法を含めたパターンを練習してみましょう。使うコードはA7 D7 G7 Em7です。ミュートは左手の押さえてる指をゆるめた状態で弾きます。初心者の人には少し難しいかもしれませんが。エレキギターはハイフレットを多用するのでおぼえておきたいテクニックの一つです。

 

ストロークプレイ4

 

スポンサーリンク